GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

お知らせ詳細

2022年7月20日 水曜日

お知らせ

【なんこく】ワークショップを開催しました

 なんこくファミリーサポートセンターでは、防災士の池原琴絵さんをお招きして、

 7月13日(水)10:00~

『巨大地震への備え その時、失われるものは、何だろう?~知る・想像する・行動する~

 と題して、ワークショップを開催しました。

  1.まずは地震を知る(知る)
  2.生活はどう変わる?(想像)
  3.何を、どう、備える?(行動)

巨大地震が来たら、何がどうなるのでしょう?
何が使えなくなり、すぐ必要になる物は何でしょうか?
物資が届くまでに何日かかるかわかりません。
必要なものは、人それぞれ違います。大人と子どもでも違いますね。
私たちそれぞれがよく考えて、自分や家族に必要なものを準備しておくことが重要だそうです。

水分の備えは水以外にお茶や野菜ジュースもおすすめ。それを使ってお米も炊けるそうです。
非常食&日常食を組み合わせてストックする等、バリエーション豊かな備蓄も必要だと感じました。
参加者の方からは、非常持ち出し袋や備蓄品の再確認や、足りない備えについて気づいたり、考えたりするよい場になったと感想をいただきました。

池原さんが、
「今日お話しした中から、何かひとつだけでもいいので、ぜひ行動してください」とおっしゃったのが印象的でした。

今回もみなさんと素敵な時間を共有できました。ご参加ありがとうございました。

 
関連画像
※画像をクリックすると拡大表示されます